えんけんのゆったりRADIO

高校生活やゲームの日記です。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

第2章  旅立ち... 


自分は、ポッケ村の村長さんのお願いで新たな村【ユクモ村】に行くことになった。

ポッケ村からユクモ村に向かってる途中に...

雷を帯びた狼【雷狼竜(ライロウリュウ)ジンオウガ】が、唐突に襲ってきた。

・・・・・・・

気が付いたらベットに居た。

近くには、可愛らしいアイルー?が居た。

どうやら看病してくれてたらしい。


えんけん「<(_ _*)> アリガトォ 。ヌコ。」


アイルー「貴様!命の恩人に言うことか!この戯けが!」


えんけん「Σ(- -ノ)ノ エェ!?」


アイルー「全く、最近の若者と言ったら...」


えんけん「(こいつ....面倒な性格だな^^;)」


アイルー「良し!今から私のことを師匠と呼べ。」


えんけん「はぁ。。。」


師匠「お主の名前は、何なのだ?」


えんけん「えんけんと言います。」


師匠「分かった。歩けるか?歩けるんだったら、ユクモ村を案内するぞ。」


えんけん「歩けます。案内お願いします。」


師匠「ここの村は、和風をイメージしておるんだ。そして、浴場と集会所が合体しておる。」


えんけん「浴場?混浴ですか?それ?」


師匠「うん。まぁね...この浴場の温泉は、浸かることでステータスがアップするのだ。
   それに、近くにドリンク屋も存在するんだ。」


えんけん「温泉ってか、もう銭湯に似てますね。ドリンク屋で、コーヒー牛乳は、チャントあるんですか?」


師匠「あるんじゃないかな...?飲んだこと無いから分からないけど...そのドリンクも温泉と同じくステータスアップするんだ。」
   (ドリンクのスキルアップは、2ndGなどのキッチンスキルと同じです。)


えんけん「へぇ。でも見る限りじゃ、レシピが少なくないですか?」


師匠「そ、、、それは....この村では、温泉クエストとドリンククエストと言うのがあるんだ。
   そのクエストをクリアーしていけば、段々種類が増えていくぞ。」


えんけん「いい温泉にいい飲み物...更に良いステータスアップやスキルをやるなら働けと?」


師匠「まさに、そのとーり!!」


えんけん「だが、断るッ!!」[ジョジョ4部のネタ]


師匠「何故??」


えんけん「今は、武器や防具など全てないからです。」


師匠「BOXにあるのじゃだm」


えんけん「ダメです。」


師匠「ちくしょー!!」[ギャグ日和・芭蕉]


えんけん「まぁ、次ぎ行きましょう。」


師匠「次は、農場だ。今は、未発達だが何れか大きくなるだろう....」


えんけん「ポッケ村より広いなぁ。ん?何ですか、あのアイルーは?」


師匠「これが、えんけんのオトモアイルーだ。」


えんけん「1匹じゃなくて?2匹・・・?」
     (2人のマルチプレイの時、1人1匹のオトモを連れて行けます。)


師匠「この村は、2匹までオトモできるんだ。そして、オトモ専用の防具も存在する。」
   (装備には、頭部・胴部・武器があります。)


えんけん「このオトモ...村内でも歩いて来るんですね。このオトモ達の性格は?」


師匠「平和主義だけど?」
   

えんけん「チッ....まぁ、良いか。」


師匠「チッって....で、えんけんは、武器何を使ってたんだ?」


えんけん「双剣ですね。」


師匠「実は、私も双剣を使ってたんだ。」


えんけん「そんな、体でねぇ(笑)」


師匠「馬鹿にするな!見てろよ、千手観音と呼ばれた捌きを...」


師匠「必殺!!師匠千手観音!!」[ギャグ日和・芭蕉]


えんけん「腕?前足が2本のマンマなんですけど。」


師匠「えっ?あっ?マジで...師匠しょんぼり。」


えんけん「この村では、流儀というのがあるのですか?」


師匠「ありますとも。そもそも、ソレを作ったのが私だけ(yr」


えんけん「嘘をつくなぁ!」

グハッ゜・゜*・(´ρ`()。o)(´ー` )oパーンチ!!


師匠「今までのモーションに【車輪切り】そして、鬼人強化中の時に出来る【鬼人連斬】がある。」


えんけん「聞いたことありませんね。特に、鬼人強化ってのが...」


師匠「鬼人化の時に攻撃を与えるとケージが溜まり、最大まで貯めて鬼人化を解除すると強化モードになるんだ。」


えんけん「鬼人強化中だと、どんな効果があるんですか?」


師匠「そ...それは、スピードが速くなる。」

・_・)θ★キック!!()゜O゜)ノ*゜・゜ブハッ


師匠「だっ...だから、鬼人化の攻撃力アップを上手く使い、その後の強化モードのスピードで更に斬り続ける。」


えんけん「たまには、良いこと言うんですね。」


師匠「たまにはって...そして、他の武器は...」


えんけん「結構です。」


師匠「Σ(´□`;)ハゥ!だったら、訓練場で教えてやる!全種の武器全てを...」


えんけん「チッ...この、馬鹿が!」


師匠「えっ?何か、言ったか?」


えんけん「いえ、なんでもありません。しっかり、覚悟しておきますよ。」


師匠「いい心意気だ!」


こうして、えんけんと師匠は、訓練場にいったのであった....

To Be Continue.................





こんな感じで情報を与える感じダメかな?

ちゃんとした情報もチョイチョイ入れてますからね!

更に詳しく、ここが聞きたいって方は...師匠にお尋ねしてください。

次回の更新は、10月13日以降です。(この話はねw)

なぜか?訓練場=体験版に置き換えて書きますからww

でも、笛がないからなぁ...

今回の笛は、援護じゃなく前衛になりますからねw

んまぁ、頑張って書きます。

そして皆さん、

Xlinkを持ってる人は、SkypeのID送ってね☆

ID:enken1234

まってまーす。

では、☆⌒(*^-゜)ノ~♪see you again♪~ヾ(゜-^*)⌒☆

ヾ(=^▽^=)ノバイバァイ
スポンサーサイト

category: ゲエムラボ

thread: モンスターハンターポータブル3rd - janre: ゲーム

2010/10/01 Fri. 23:08 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fly997370.blog53.fc2.com/tb.php/300-65182ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。